30日間チャレンジ終了!?

 いや〜すっかり忘れていた。忘れていました、今日が30日目だということを。30日間は意外と早かった。20日前後から、とても加速したように感じた。途中から、30日間チャレンジをやっているという意識がなくなってしまっていた。

 で、結局のところ、僕の30日間チャレンジは成功したのか。正直に言うと、8割くらいしかできなかった。15日目あたりで、ほとんど習慣化して、やること自体は苦ではないのだけど、疲れたときは、どうしても、4時に起きれなかった。4時に1度、起きてもどうしても眠くて、また眠ってしまうことがあった。そういうときは、朝の時間を失ってとても損をした気分になる。4時起きに関して言えることは、週に一度ほど、ゆっくり寝る日を作ること。1日6時間だとやはり疲れがたまる。あと、午後になると集中力が切れて、作業がはかどらなくなる。週に1度9時間くらい寝る日を作って、体調をリセットするといい。

 今回の30日間チャレンジでは8割程度しかできなかったので、満足するためにあと4日間のばしてみようと思う。残念ながら、そのあとは予定が入っているので、4日以上のばすことはできない。なので4日間はみっちりこなして、やりきりたいと思う。でも、実際のところ、ほとんど慣れて意識しなくても、できるようになっている。むしろ、このまま続ける方が、心地よい気がする。

これから4日間でブログにいろいろまとめて書いていこうと思います。
今回は、文章もあまり考えていなくて、しっかり書けないので、30日間チャレンジ中に撮った写真の中から選んだものをご覧ください。(少し重たいかもしれませんが...続きを読むをクリックすると、写真を見ることができます。)

スポンサーサイト



Go Proヘッドマウントを作ってみた。

  • Posted by: Shichida Hitohiko  
  • 2013-07-09 21:39 
  • 映像

GoProヘッドマウントを作ってみた。

 アクションスポーツカメラと言えば、知らない人はいないほど有名なGo Proというカメラ。このカメラは、とてもタフでスポーツや探検などの撮影に向いている。とても小さいので、体につけて撮影することもでき、撮影者と同じ視線で臨場感のある映像を撮ることができる。そのような、体に固定するためのマウントがたくさん用意されているのだが、僕は一つも持っていない。でも、買うと結構高い。物の割にとても高いのだ。どうせ、そのうち使わなくなるだろうし、買うのはもったいない。

ということで、自作してみることにした。

早起きは三文の徳!早起きの7つのメリットとコツ




 30日間チャレンジを始めて15日目。4時起きチャレンジも、ようやく習慣になってきた。誰でも、早寝・早起きの良さは知っているけど、なかなかできないというもの。という訳で、今回は、早寝・早起きのメリットとコツを紹介してみたいと思う。

英語教材


 今回の30日間チャレンジでは、英語に重点を置いてやっている。英語は、テストはできても、話せるようになるのは、なかなか難しい。中学のときに一応できてはいたのだけど、話すことまではできていなかったので、思い切って中学1年生から、やり直した。始めてから、3ヶ月以上立つので、今は中3の中間あたりをやっているところだ。ちなみに、昨年は何をしていたかというと、NHKのラジオ英会話をやっていた。

思いつきを忘れない、メモのすすめ。

メモイメージ
 

 メモをすることはとても大切だというのは、あちらこちらで良く聞くけど、なかなか難しいもの。メモをした紙をなくしたり、メモ用紙がありすぎて分からなくなったり。僕は、メモを始めたときは、手帳に書いていたけれど、いつも持ち歩いたりするわけではないので、メモ帳を開かなくなって、結局見ないということもあった。どうせやるなら、簡単・楽な方が良い。というわけで、僕の方法を紹介してみる。でも、その前に、今のメモの問題点を考えてみよう。

■従来のメモの問題点は何か?
・メモする紙が小さく、たくさんの紙に書く必要がある。
・メモがたくさんあるので、なくしてしまう。
・定位置においていないと、探さなくてはならなくなる。



 こんなところだと思う。いわゆる、メモ用紙というのは、小さくて、無くしやすい。

 そこで、僕の方法の出番。これは、前に考えだして、続けているもので、気に入っている方法だ。とても簡単にできる。

朝4時からの情景スケッチ

  • Posted by: Shichida Hitohiko  
  • 2013-06-17 18:47 
  • エッセイ

朝の祝福 コントラスト強2

 今は、4時25分。30日間チャレンジ中の僕は、この時間に、英語を勉強したり、原稿を書いたりしている。6月は、日が長くて、4時には、少し青みがかっているものの、空は薄明るい。真っ暗だと思っていたので、これには、オドロキだった。起きたら、少し外に出て、ヤギや、ニワトリや、栽培中のレタスに挨拶して、眠気を覚ます。しばらくしたら、キッチンに行き、カップ一杯のお湯を沸かす。スプーン一杯の、茶葉をやかんに入れる。トワイニングのものだ。紅茶にも、いろいろ種類があるらしいが、セイロン・オレンジペコというものをよく飲む。3分たった。白いマグカップに注ぎ、ミルクを入れて、カップを持ち部屋に戻る。こぼさないように気をつける。ちょうど良い暖かさが、心地よい。

30日間チャレンジ、2周目始めます

30日間チャレンジ
 
 3日前まで、30日間チャレンジをしていたのだけど、これで終わりにするつもりはない。さらに、ハードにして続けていこうと、僕は思っている。というわけで、2周目突入。期間は、6月15日から、7月14日。名付けて、"第2回 30日間チャレンジ!”...うん、我ながら、何の面白みもないタイトル。とにかく、明日から挑戦です。

 今回の、テーマは”自己管理を身につける”。前回は、始めてなこともあって、とにかく毎日こなせば良いことにしていた。だから、昼間、余計なことをしてしまって、夜遅くにこなすことが多かった。そこで、今回は余計なことをできる限り切り捨てて、やるべきことを早くこなすようにすることを、身につける。


 
 (前回の続き)

 前回は、紙に書き出して、やること、やらないことを決めた。今度は、それを、達成できるように工夫する。どんなに、立派なことを書いても、達成できなくては、意味がないからだ。というわけで、今回は、続けやすい目標の立て方を、解説していく。

th_30日間チャレンジ
 
 ちょっと英語の勉強をしてみようか、とか、ダイエットしてみようとか、あなたは思ったことがないだろうか?毎日、ランニングをしよう、筋トレをしよう、本を読もう、いろいろある。
 しかし、そういったことは、大抵、花開くまで続けられない。ツボミもできないうちにやめてしまう。続かないから、力の弱いUFOキャッチャーのごとく、結果を逃してしまう。多くの人がそうだと思う。始めて10日も続けば、良い方。そうじゃないですか?

 僕も、同じ。続けるのは難しい。でも、そんな僕が、毎日続けることができた方法がある。最近少し、だらけていたこともあって、新しいことを始めなくてはと思った。でも、今回はなんとしても、三日坊主で終わらせたくなかった。で実は、それを思ったのが、先月なのだけど、なんとそれが今日まで続いている。どんな方法を使ったのか。それを、今回は、紹介していく。

 僕がやったこと、それはズバリ、”30日間チャレンジ”。実を言うと、僕はちょうど今日、30日間チャレンジを終えたところなのだ。30日間チャレンジは少なくとも、僕には効果的だった方法だ。僕にできたのだから、自信を持って30日間チャレンジをお勧めする。

ヤギとニワトリをカッコ良く撮ってみた!

  • Posted by: Shichida Hitohiko  
  • 2013-05-19 21:54 
  • 映像

YouTubeサムネイル1
 
ブログの更新がだいぶ滞っている。定期的に更新したいと思っているが、なかなか大変である。ネタは、書ききれないくらいあるのだが、コツコツ続けられない性格なのだ。頑張って、定期的に更新していきたいと思う。
 
 さて、今回は新しく作った動画を紹介する。(動画は一番下)題材は、何回かブログにも登場したヤギのマウロと、比内鶏というニワトリ。カッコ良くクールなイメージで撮ってみた。課題はあるが、我ながら良く撮れたと思っている。でも、最初からヤギをカッコ良く撮ろうと思って作り始めたわけではない。動機は、だいぶ違うところにある。見ていただくと分かると思うが、今までの作品とは、だいぶイメージが違うはずである。そう、今回は映画風の動画にしてみたのだ。映画のような動画を作りたくて、ちょうどいい題材が、ヤギとニワトリだったのである。しかし、映画風にするのは、それほど簡単ではなかった。試行錯誤の末にこんな感じになったのだ。といっても、まだまだ完成ではないけれど。

 

  BLOG TOP     old→